久々に真面目にかきまーす。笑

「紫外線とカラーのお話

image

満開の桜


1年で1番紫外線が強いのは5月です。4月から冬時期と

はびっくりするほど紫外線が強くなります、、


紫外線は髪色の色素を壊して明るくしてしまいます。(白髪染めも同)

UVケアを毎年お勧めしていますがぜひやってほしい事。
紫外線が強くなる前に、カラーをしておいて欲しい理由。

どうしてか?って理由と、覚えておいて欲しい事の紹介です☆

ヘアカラーしている人は、していない人よりも痛みやすい。

髪ざ黒い色を元々しているのには理由があります。


髪の主成分はたんぱく質。たんぱく質は熱に弱いんです。

お肉を焼く前と焼いた後だと固くなりますよね!

それと同じで、熱が過剰に加わると、固く傷んでしまいます。


カラーをしていない人の場合、黒い色は熱を吸収してくれるので
髪のたんぱく質をガードしてくれてるんですよー!
すごいですよね!( ´ ▽ ` )ノ


元々の髪には髪を保護する脂分もちゃんとあるんです。
だから、傷みにくくなっています♫

カラーをしている人は、

ヘアカラーの影響で髪が元々持っている脂分や紫外線

からガードしてくれている黒い色素が少なくなっています。


だから、髪のUVケアやオイル(内ではホホバなど。)などで保湿してあげるのがとっても大切なんです☆


ここはぜひ覚えていてくださーいm(_ _)m



色が抜けきってパサパサの疲れた髪にならないようにして欲しい!

根元が伸びて、毛先は黄色くパサパサ。


実際そんなことなくても、ものすごく疲れて見えるんですよね、、


紫外線が強くなるならカラーしない方がいいんじゃない?って思う方もいると思うけど、違います。

髪の色がいつもより抜けきってしまう状態になると、

誰が見てもお疲れの人になっちゃう。
image

桜が散ってきている、、

色を足してあげないと、更にパサパサに見えちゃいますよー!そこに注意して欲しいんです!!


4月はヘアカラーするのにおすすめのタイミングです( ´ ▽ ` )ノ
image

円山公園の枝垂れ桜前にて✨


ラトリエール春名
LINE@
http://line.me/ti/p/%40haru29












これ書くのに1hかかりました、、
毎日濃い内容上げている人はホントすごい💦